あこがれの腕時計はやっぱりオメガ

オメガは、世界でもトップクラスの高級ブランドです。高級腕時計を次々と誕生させてきたスイスの中でも、代表的なブランドとして知られています。オメガの腕時計は、日本でも昔から人気があり、現在でも根強い人気を誇っています。大切な人へのプレゼントとして、オメガの腕時計を購入する人も珍しくありません。また、自分へのご褒美として購入する人もいます。デザインの美しさ、上品さ、そして何よりも技術力の高さにおいて、オメガは不動の地位を築いています。日本では、オメガの時計を身に着けることが憧れだったという人も少なくありません。オメガの腕時計は、時が経っても全く変わらず輝き続けているのです。新しい製品が発表されると、世界中で大きな注目が集まります。しかし、古い腕時計も高値で取引されているのです。

傑作時計を次々と誕生させてきたオメガ

オメガは1848年に創業されます。時計師であったルイ・ブランは、工房を作って時計を作り始めます。1880年になると、現在の本社がある場所に本格的な工場を設立して、1889年になるとスイス最大手の企業へと成長します。オメガの伝説と言われるムーブメントが発表されたのは、1894年です。このムーブメントは、究極という意味を込めてオメガと名付けられ、オメガブランドが誕生します。それまでのルイ・ブラン兄弟会社から、正式にオメガが社名となったのです。1932年からは、オリンピックの公式時計を務めたこともあり、精密時計としての名声を確立します。そして、1940年代の後半から1950年代の中盤にかけて、傑作とされる腕時計が次々と開発されていきます。中でもシーマスターは、現在でも多くのファンがいます。

いつまでも美しいオメガの腕時計

クロノグラフの古典的なモデルであるスピードマスターも、人気が高いです。スピードマスターは、オメガの数ある傑作時計の中でも、伝説と言われている時計です。1969年に、人類は初めて月に降り立ちます。その時、有名なアポロ11号の宇宙飛行士が着けていたのが、スピードマスターだったのです。1999年に開発されたコーアクシャルも、時計業界に衝撃を与えます。機械式腕時計の心臓部は、調速機と脱進機で成り立っています。時を刻み続けている脱進機は、摩擦も大きいのです。摩擦をできる限り少なくすることで、機械式腕時計の制度は高まり、耐久性も上がるのです。コーアクシャルは、何度も改良されて、現在ではさらに進化しています。オメガの腕時計は、映画にも使われており、若いファンも増やしています。