オメガの腕時計はこんな魅力があります

スイスは高級時計のブランドが多い国ですが、中でも有名なのがオメガです。オメガは、ルイ・ブランが懐中時計の組み立て工房を作ったのが始まりです。1894年に、オメガを製作し、その名を会社名にします。オメガは、自社で開発したキャリバーを数多く輩出しています。最近は、高級ブランドでもムーブメントを自社で製造していないメーカーが多くなっています。しかし、オメガは違います。オメガは、第二次世界大戦後、特定のコンセプトを持つ製品にモデル名を付けるようになります。代表作であるシーマスターは防水型のネームとして、スピードマスターはクロノグラフのネームとして使われています。オメガの代表作と言われているシーマスターは、ダイバー用時計の傑作として世界中にファンがいます。

腕時計の歴史上燦然と輝くシーマスター

シーマスターは、第二次世界大戦中にイギリス軍の依頼によってオメガが開発した防水ダイバー用時計が原型となっていると言われています。マリーンという名のその時計は、当時のオメガの技術力を注ぎ込んで製造されたものです。軍事用として製造されたマリーンは、第二次世界大戦後、市販用に改良されます。そして、シーマスターと名付けられて販売されます。シーマスターは、爆発的に売れ、世界的な傑作として認知されるようになったのです。防水性を改良させたシーマスターは、イギリス海軍にも正式に採用されます。伝説のダイバーが無呼吸潜水の世界記録を出したときに使っていたのも、シーマスターでした。ダイバーがオメガの腕時計を選んだのは、深い水中での防水性能、耐圧性能に加えて、文字盤が見やすかったからだと言われています。

実用性と美しさの両方を兼ね備えているシーマスター

シーマスターが世界中で根強い人気を誇っているのは、外見の美しさだけでなく、実用性もあるからです。過酷な環境で実用性が証明されており、デザインも素晴らしいという存在感が、腕時計の歴史の中で輝きを放っているのです。シーマスターは、一流のプロダイバーにも使われていますが、過酷な環境で働いている様々なプロの人間から高い評価を得ています。シーマスターは、ビジネスマンにも人気があります。2011年には、世界最大の時計見本市で、開発に6年の歳月をかけたダイバー用ウォッチを発表しています。シーマスターコレクションは、日本でもコレクターが多いです。特に人気映画でも使われたプロダイバーズは、オメガの防水時計の傑作で、本格的なダイバー用時計の代名詞とも言われています。